TF拳法! トランスフォーマーとか武道とかなんかそのへん

トランスフォーマーとゾイド、そして武道をこよなく愛する拳法家のブログです。 拳法の考察や練習日記、作品の製作日記なども兼ねてます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

少林寺拳法は弱い!?

技
........えっ、ほんとに??
 ネットで「少林寺拳法」と検索をかけると、もしかして検索のところに「少林寺拳法 弱い」と出てくる。これほどバカバカしいことがあろうか。少林寺拳法を弱いという人はおそらく形にしか重きを置いていない武道程度にしか思っていないのだろう。そもそもの理由として、ローキックがない。それ故にローキックに対処することができない。ということや、そんなにうまく技がかかるものかといったものが多い。
 確かに、少林寺拳法の技術はその修練の仕方を見てもわかるように形重視な物が多い。それ故決められた形しかできない者も多いだろう。しかし、技を分解し自在に使える人間はとても強い。加えて、少林寺拳法のもともとの理念が奇襲戦法寄りなので開けた場所で「はい始めッ!」という試合結果で決め付けるのも良くない。
 
技をうまくかけるには技自体の精度も大切だが何より一番大事なのは当て身だ。最初に教わるべきことだが、相手の身体に力と闘気が充実している状態(実 じつ)では決して技はかからない。まずは相手のその実を崩し、力が入っていない状態(虚 きょ)にする必要がある。そのために当て身を行うのだが、少林寺拳法はここがエゲツナイ。目や頸動脈、果ては金的などの人体の所謂急所に打ち込むのだ。想像してもらいたい。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
あなたは今一人の青年を恐喝している。その青年が財布を取り出そうと右手を腰に回した瞬間!左手で目打ちをしてきた!たまらずあなたは避けようと体重を、頭をうしろへ逸らす。だが青年の目打ちはフェイク、そのまま左足での金的を蹴り上げをしてくる!あなたは体重が後ろにあるので下半身は頭より前に出ている!避けれずにクリーンヒット。悶絶している内に青年はどこかへ.......
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
当て身だけでもここまでできてしまう。分解すると、初撃の目打ちは相手を虚の状態にするためのもので、これによって攻撃を成功させやすくするのだ。要は、反撃する素振りを見せない技と技の間を切らない、この二つができればここまで動けてしまうのだ。また、路上では靴を履いているのでダメージもかなりのものになる。我の実を以って相手の虚を突くということだ。
 
また、ローキックに関してだが、この防ぎ方は実はちゃんとある。なにが来るかわからない時に一瞬で対応するため上段、中段、下段を一度に防ぐ三防受という技があるのだが、これの下段防御の部分を分解するとローキックに対するガード、つまりローカットになるのだ。少林寺拳法の突き蹴り技には必ず「引き」というものが存在する。これは突いた拳や蹴った脚をそのままにせず自分の身体にピタリとつける動作であるが、この引きこそがローカットになる。すべての動作が次の動作につながるように動くことができれば相当の実力者になれるはずだ。

ここで一つ、断っておかなければならないのは、少林寺拳法は制圧拳であって殺人拳ではないということだ。過剰にやりすぎてしまうとこちらが捕まってしまう。さっきの話の金的蹴りもかなり危険なゾーンだ。一瞬でいいから相手を怯ませてその隙に逃げる。それこそが護身術として強いということになることを忘れてはいけない。フルコンタクトの格闘技のように、多少攻撃食らおうと接近して突く、蹴ることを重視し過ぎると、相手がナイフなどの凶器を持っていた場合にはお陀仏だ。フルコンタクトが悪いと言っている訳ではない、ただ、試合とは違いなるべくこちらは痛い思いをしないで場を切り抜けるには少々分が悪いと言っているのだ。試合<実戦で考えると、大切なのはやはり低姿勢で隙を伺いその一瞬の隙をついて攻撃し怯ませ逃げることだ。そういった生きる力、身を守る最低限の技術、という面において少林寺拳法はとても強いと断言できる。
スポンサーサイト
  1. 2014/07/12(土) 02:06:48|
  2. 拳法日記
  3. | コメント:0
<<TFダークサイド・ムーン アイアンハイド リペイント | ホーム | TFダークサイド・ムーン メガトロン リペイント>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

itaros

Author:itaros
トランスフォーマーとゾイドと武道を愛する拳法家。
大学受験期に懐かしがってゾイドとトランスフォーマーを買ったのが運のツキ、好きすぎてリペイントを始めてみたらどんどん楽しくなっちゃって今に至る......

少林寺拳法 初段
リペイント 五級
花粉症 五段

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

Zoidsリペイント (1)
Zoids レビュー (0)
TFリペイント (4)
拳法日記 (3)
雑記 (4)

TF拳法!

総アクセス

今いるのは.....

現在の閲覧者数:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。